スポンサードリンク




映画

人生、生き方を考えさせられる素晴らしい映画<洋画編、邦画編>

■最高の人生の見つけ方

images (72)

余命半年、最後の日々を思いっきり生きる、2人の男が体現する人生を見つめなおす1本。

人生が短くても長くても、悔いが残らない人生を送りたい。

■マイレージ、マイライフ

images (73)

仕事で年間322日も出張するライアンの目標は、航空会社のマイレージを1000万マイル貯めること。

旅先でアレックスに出会い、意気投合するが・・・。

人との関わり、自分とは何なのか、さまざまなことを伝えてくれる映画。

■オールド・ルーキー

images (74)

メジャーリーグ史上最年長の35歳でデビューしたジム・モリスの実話を基にした物語。

おっさんでもやればできる!そんな勇気を与えてくれる作品です。

■ザ・エージェント

images (75)

スポーツ・エージェントのジェリーは、選手の年俸をつり上げるだけのやり方に疑問を持ち、

会社に提言書を提出した。だがクビになってしまい、

彼はただ一人共感してくれた会計係のドロシーと共に独立する。

成功するかしないかはやってみなければわからない。

迷える人に決断の大切さを伝えてくれる。

<邦画編>

■エンディングノート

images (76)

家族の「絆」を娘が描いた、感動の実録エンターテインメント・ドキュメンタリー。

こんなことを考えなければならないときは必ずくる。

ガンの宣告を受けた一家の父が自らの人生を総括し、

家族へあてた“エンディングノート”を残すまでの姿を軽妙なタッチでつづったドキュメンタリー。

■僕たちは世界を変えることができない。

images (77)

内戦の傷跡が残るカンボジアで小学校を設立しようと考え、行動に移す、

大学生の実話体験記。今の自分で満足なのか、世の中をもう一度見つめなおすそんな映画。

ありきたりな毎日に物足りないものを感じていた医大生のコータは、

ふとしたことから手にした海外支援案内のパンフレットに触発され、

カンボジアに学校を建てることを決意。人材や資金集めに奔走する。

しかし、現地視察で訪れたカンボジアでは厳しい現実を目の当たりにし、

帰国後もさらなる困難が待ち受けていた。

■かもめ食堂

61uN2SWjmcL._SL500_AA300_

フィンランドの都市、ヘルシンキで「かもめ食堂」という名の日本食の小さな店を営んでいる。

日常的な風景を映画を通じて伝える映画。

のんびりゆったり時を経つのも忘れて見れる。

今の忙しい日々は何なんだ、このままでいいのか?なんて思ってしまう。

<最近の記事>

年商12億!?ネオヒルズ族『与沢翼』がやばい。

「好きな人できました」アジアン隅田の恋愛観がピュアすぎる




スポンサードリンク